お料理レシピご紹介

梅干し

梅干し

材料
生梅Lサイズ (今回は南高梅を使用) …1kg
本にがり仕立て五島灘の塩 …120g~130g
漬物おけ(バケツで代用)
重石(ペットボトルで代用)
押し蓋(平皿で代用)
密閉できる容器(梅酒用の密閉瓶を使用)

作り方

  1. 写真

    梅をそっと広げ、ほこり・ゴミを取り除き、軽く水洗いする。
    ※梅を傷つけないように気をつけてください。

  2. 写真

    五島灘の塩をきっちり130g計ったら、まんべんなく振り掛ける。
    といってもバケツが大きすぎて塩は全部下に落ちてしまった・・・。
    少々不安ながらも容器がないので強引に進める。
    ※「良い塩梅」というように塩加減は重要です。
    面倒くさがらず塩の量ははきちんと計りましょう!

  3. 写真

    本来なら落し蓋を使用すべきところだが、ちょうど良いお皿があったので代用。
    できるだけ梅を平らにしておいて水平に乗せる。

  4. 写真

    漬物石がなかったので1リットルのペットボトルで代用。
    できるだけ均等に重しがかかるようにペットボルトを配置し、日の当たらないところに置く。
    2日ほど経って様子を見ると下の梅がつぶれてきたので上下の入れ替えをし、重石を半分に。

  5. 写真

    だいたい2、3日で水分が出てます。
    左は10日経った状態。これが梅酢です。
    いい匂いがしますが、言うまでもなく酸っぱい、しょっぱい水。
    飲まない方が身のためです。
    梅が潰れてきたので重石を外し、土曜まで日陰に放置。

  6. 写真

    更に一週間置いた状態がこれ。
    梅もずいぶんシワシワになり、梅酢の色も濃くなっている。
    ちょうど今日から3日間晴れるというので天日に干すことにする。

  7. 写真

    梅が重ならないようにザルに並べる。
    梅はふわふわして良い匂いがするので、非常に楽しい作業だ。
    わが子のようにかわいい。
    今日から3日間、日が当たる場所に置いておくのだが、夜露に濡れないよう夕方は軒下に入れる。

  8. 写真

    3日後、表面に塩が吹いて干乾びた状態に。
    平日で次の作業に移れないので家の中の温度変化の少ない場所に置いて週末まで待つ

  9. 写真

    紫蘇100g(ボールいっぱい)に塩をまぶしてよく揉む。
    左のアクを捨て、取っておいた梅酢を少し加えてまたよく揉むときれいな赤い色になる。

  10. 写真

    紫蘇100g(ボールいっぱい)に塩をまぶしてよく揉む。
    左のアクを捨て、取っておいた梅酢を少し加えてまたよく揉むときれいな赤い色になる。

  11. 写真

    初めて作ったにしては上出来!(自賛)発色もいいし、味も上々。
    梅自体がよかったようで酸っぱい後から甘味が感じられた。
    「食塩」VS「五島灘の塩」/正直私には違いがわかりませんが、営業の人たちに食べてもらったらみんな五島灘の方が塩角がないとの意見でした。

一覧へ戻る